原 一樹

(はら かずき)

京都外国語大学

国際貢献学部グローバル観光学科教授

【専門分野:哲学と観光】

 

専門分野: 観光と哲学・倫理学

長崎県出身。東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻博士課程(哲学)単位取得。神戸夙川学院大学准教授等を経て現職。フランス哲学や倫理学・社会学理論の研究を基礎に、観光学の理論研究、観光教育、国内外での観光調査に携わる。日本観光研究学会理事・関西支部副支部長。NPO法人観光力推進ネットワーク関西理事・事務局長。共著『地域創造のための観光マネジメント講座』(学芸出版社・2016年)等。

 



今、大学で観光学を学ぶことの意義は何か?

―より良い観光の実現を目指して-