<SDGS時代の観光とは?>

 

「観光甲子園2020」はテーマの異なる3部門で180秒の動画を作成していただきますが、共通する取り組みとして企画内に持続可能な開発を目指すSDGsの考え方を取り込んでいただきます。少子高齢化による地方の過疎化や人気観光地におけるオーバーツーリズムなど観光市場には様々な課題が存在しますが、それらの解決を目指しながら豊かな未来社会を実現する観光のあり方を高校生視点で動画にまとめていただきます。



全国の高校生が180秒の観光動画制作を競う観光甲子園は、従来の世界中のツーリストに全国各地の魅力を伝える訪日観光部門と世界的な観光地ハワイ州を取材して観光のあるべき姿を構想するハワイ部門に新たに日本の文化財や伝統文化の活性化を考える日本遺産部門を加えた3部門構成で開催します。

 

 

予選から決勝大会に至る審査の方式と採点基準が決定しましたので発表させていただきます。

 


180秒の観光動画コンテスト

 



「観光甲子園2020」は年間を通じた探究型学習プログラムとして開催します。

 

※ 11/6のエントリー受付は消印有効



動画制作を含めた探究型学習プログラムの一環としてオンラインで学習できるふたつのラーニングプログラムをご提供します。

 

観光甲子園公式ラーニングサイト

ハワイ州観光局公式ラーニングサイト



動画制作に向けた情報収集や学習と対話のためのサポートプログラムをご提供します。

 

気質・コンピテンシーを測定

観光データベースを活用

観光学の魅力に触れる



新型コロナウィルス問題を受けてコンテスト開催における方針を定めました。

 

全てのプログラムをリモート環境に対応させます。

持続可能な社会を目指すSDGsの考え方を導入します。

学校行事と連動した体系的な教育プログラムを提案します。



昨年度の入賞作品と決勝大会の模様を動画でご覧いただくことができます。

 


\ 高等学校教職員の皆さま /

観光甲子園の情報入手とコンテストへの参加に向けて学校別マイページに登録ください。

公式リーフレットをダウンロード!