「観光甲子園」は高校生が創作する180秒観光動画のコンテストですが、年度を通して以下の4プロセスで進められる探究型学習プログラムです。2つの部門はそれぞれテーマと応募資格が定められており、チームを結成してエントリーいただきます。

 



 

<資格> 

高校生チーム「4名プラスマイナス1名」

 

<提出物> 

予選:動画制作計画書・絵コンテ 

決勝:180秒動画・必要書類

 

 <審査> 

予選通過:20チーム前後

決勝進出:5チーム

決勝大会:グランプリ1チーム、準グランプリ1チーム 

 


  1. 他言語演出
    日本遺産の海外アピールを目的に日本語以外の字幕やナレーションを加えて創作してください。
  2. 作品の長さは180秒
  3. 作品中で使用する画像、動画素材、音源は著作権をクリアしていること
  4. 作品中に登場する外部の方々に出演の了解を得ていること

<対象日本遺産>

  1. 応募高等学校が所在する都道府県の日本遺産をひとつ選んで企画してください。
  2. 各日本遺産構成文化財の中から特定の素材を選んで深堀りをする企画も可能です。

    ※詳細は日本遺産ポータルサイトをご確認ください
     http://japan-heritage.bunka.go.jp

 

<資格>

高校生チーム「4名プラスマイナス1名」 

 

<提出物>

予選:事業計画書・未来レシピ 

決勝:180秒動画・必要書類 

 

<審査> 

予選通過:20チーム前後

決勝進出:5チーム

決勝大会:グランプリ 1チーム、 準グランプリ 1チーム 

 


  1. 体験メニューを企画
    観光スポットの組み合わせによる旅行プランではなく、地域における「学び」を体験メニュー化して創作してください。
  2. 作品の長さは180秒
  3. 作品中で使用する画像、動画素材、音源は著作権をクリアしていること
  4. 作品中に登場する外部の方々に出演の了解を得ていること 

<SDGs思考の探究>

  1. 観光事業構想をSDGs思考で体系的に考える「未来レシピ」は全チーム共通のフォームを提出していただきます。
  2. 「未来レシピ」を解説した専用ページをご覧ください。


<要確認!>

 

180秒観光動画の出来栄えを競うコンテストですが、予選応募時は部門ごとに定めた書類を提出していただきます。
8月20日に発表される予選通過チームのみが動画作成に進むことができます。

 


=予選提出物=

※高等学校マイページ経由でダウンロードいただけます

 

【動画制作計画書・絵コンテ】

所定の計画書と制作する動画の構成をまとめた絵コンテを提出していただきます。

 

【事業計画書・未来RECIPE】

所定の計画書とSDGs思考を取り入れたフォーマットを提出していただきます。

 



=準決勝進出チーム条件=

高校生の気質・コンピテンシーを測定するAiプログラム「AiGROW」を全メンバーに受験いただきます。
※スマートフォンやタブレットを使ってゲーム&アンケート感覚で受験できます。


=準決勝提出物=

【動画作品・必要書類】

各部門のテーマに沿った180秒の動画作品と所定の資料を提出していただきます。

※詳細は予選通過チームに連絡



=決勝提出物=

【プレゼンテーション動画】

動画作品の企画・調査から制作に至る過程を300秒の動画にまとめて提出していただきます。



コンテスト応募資格の人数を「4名」とさせていただいておりましたが、複数チームの編成やクラブ活動メンバーの実情で困難な場合があるのとのご連絡を何件かいただきました。そこでチーム人数に関しましては「4名±1名」と変更させていただくことになりました。
基本は4名ですが、3名や5名でのエントリーも可能とさせていただきます。

 


 

\ 応募時の規約内容はこちら /

※必ずお読みください